喜平の会

kiheinokai.exblog.jp ブログトップ

<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第3回報告

基礎講座 画像処理編
           第3回「喜平の会」の報告

日時:  1月21日(月) PM1:30~4:00
場所:  喜平図書館2階 第1会議室
参加者: 25名(講師、サポーターを含む)
講師:  安藤宗八さん

今日の勉強内容は以下の通り(テキストでは15~22ページ)

・GIMPは頭で覚えるのではなく腕で覚える事が肝心(マウスの動かし方に慣れる)。
・画像編集画面に素材を開くには、”ファイル→開く”の操作で出てくる「画像を開く」
 の画面の、上欄に並ぶファイルの階層を、上から下に順に辿っていき、目的の
 素材ファイルに辿りついたら、下部にある「開く」をクリックする。
・横向きの写真を縦向きに変える方法
 メニューの画像→変換→時計回りに90度回転
・傾いた写真を真っ直ぐに(水平に)変える方法
 ツールボックスの中から回転ボタンを選択→画像の左上隅をクリック→(回転画面
 が現れるが左上隅にかぶって邪魔になる時は画面を別の場所に移動させる)→
 左上隅をドラッグして画像全体が水平になるよう回転させる*→良しとなったら
 回転画面下部にある”回転”をクリック
 *水平になるよう回転させるとき目見当で行ってもよいがより正確にする方法として
   ①ルーラー線(横or縦)をドラッグして画像の中まで持って来て天井板とか柱など
    をルーラー線に合わせるように回転させる。
   ②回転画面の角度欄の数字を、画像が水平になるまで上げて行く。
・画面は水平になったが四隅にグレーの格子模様の影が残っている。
 これを除くには次の手順で切り抜き作業を行う。
 ツールボックスの中の切り抜きボタンをクリック→ツールオプションの下部にある「選択
 範囲をハイライト表示」にチェックマークを入れる→四隅の格子模様に触れない
 範囲(内側)を左上から対角線状にドラッグ→良しとなればエンター*
 *エンターを押す前なら囲み線(切り抜き予定範囲)の中にカーソルがある限り
  ドラッグにより囲み線を拡大・縮小・移動することが可能。
 *囲み線をドラッグして描く代りに、ツールオプションの中の開始位置、大きさの欄
  に数字を入れて描くことも出来る。この場合線のスタート地点は画像上にまず
  定めなければならない(切り抜きボタンを押した後、カーソルを任意の地点で
  斜めに小さくドラッグ)
・エンターを押して切り抜いた画像を保存する方法は第2回喜平の会の報告を参照
 のこと。なお保存するファイルタイプがGIMP以外(例:GIF画像)の時は保存の際
 エクスポートの画面が出るので画面下のエクスポートを押す。
・画像の不要な部分を消す方法
 ツールボックスの中からスタンプを選択→消すところの近くにマウスポインターを持って
 行き Ctrl+クリック(その場所に+マークが現れる)→消したい場所にポインターを
 持って行きポンポンポンとクリック→仕上がり具合を確認するため画像を拡大(画像
 処理画面の左下隅にある倍率選択で行う。200%位が適当。
・写真の主役以外(背景)をぼかす方法
 テキストではオブジェ(主役)の輪郭を電脳はさみでまず選択→クイックマスクをかけて
 「ブラシで描画」ツールを使い選択範囲のはみ出しや不足を修正する。*
 →クイックマスクを解除→選択範囲を反転→フィルター→ぼかし→ガウシアンぼかし
 (ガウシアンぼかしの画面が現れる)→水平・垂直の数値を入れぼかしの程度を
 決める(5.0位が適当、ぼけ具合はプレビュー画面でチェック)→OKボタン
 *ブラシのツールオプション画面の中にブラシの項目があるが、その□の右下隅を
  クリックし、出てくるものの中からブラシの種類を選択することが出来る。(刷毛状
  のもの、○の大きさ等)
・その他
 画像の選択範囲はチラチラする点線で囲まれている。
 楕円ツールで楕円を描いた後マウスを押さえた状態でシフトキーを押すと真円になる。
 (シフトキーを押さえたままマウスから手を離す)

                                 報告  高野
[PR]
by kiheinokai | 2013-01-28 20:38 | 報告

第2回 喜平の会報告

 基礎講座 画像処理編
             第2回「喜平の会」の報告

日時:  1月7日(月) PM1:30~4:00
場所:  喜平図書館2階 第1会議室
参加者: 27名(講師、サポーターを含む)
講師:  安藤宗八さん

●前回の復習
・ダイアログ(EX.操作履歴)を追加する方法
 メニューのウィンドウ→ドッキング可能なダイアログ→操作履歴を選ぶと窓(枠)が開く
 →その窓の上から2段目をドラッグして右側のダイアログ枠の上から3段目でドロップ
・操作履歴を遡ってクリックすれば殆どのものは画像処理画面に再現できる(元に遡れる)
・保存してある画像を画像処理画面に出す方法
 ファイル→開く→GIMP→・・・→素材
・画像処理画面で画像の一部を選択(EX.矩形選択や楕円選択)した時選択部分が
 見えにくい場合は、ツールオプションの下の方にある「選択範囲をハイライト表示」に
 チェックマークを入れると選択範囲が明るくなる。
・選択範囲に対しては色々な操作を施すことが出来る。
 選択範囲の切り取り・・・メニューの編集から入る
 選択範囲の色を変える・・・メニューの色から入る
 選択範囲の反転・・・メニューの選択から入る
 選択範囲の消去・・・メニューの編集から入る(授業では反転した選択範囲を消去した)
・作成した画像を保存する方法
 ファイル→名前を付けて保存→「画像の保存」のダイアログボックスが現れる
 その中の名前欄に付けたい名前を書き込む(拡張子以外の部分の書き換え)
 次に「フォルダーの中に保存」の右の窓の中を「練習作品」に変えるために
  「他のフォルダー」の前の+マークをクリック→画像の保存画面が現れる。
  この画面で「練習作品」をアクティブにして→「他のフォルダー」の前のーマークをクリック(+にする)
 次に「ファイルタイプを選択」の前の+マークをクリック→画像の保存画面が現れる。
  この画面で沢山並んだファイルタイプから一つを選んで(JPEG画像とかGIMPxcf画像を選択)
 →「ファイルタイプを選択」の前のーマークをクリック(+にする)
 すると「画像の保存」の画面に戻るので、ここで初めて下にある保存をクリックする
 →「○○形式で保存する」の窓(枠)が現れるので何も触らずに下にある保存をクリックして終了
●今日の勉強
・画像編集画面の画像を消すには最右上の×マークで消す。
・ファイル→開く から始めて、「多角形や自由な曲線で選択」の「素材」を画像編集画面に出す。
・ツールボックスの中の「自由選択」をクリックし、素材(建物)の輪郭をなぞって囲む
・引いた囲み線を取り消すにはCtrl+Z
・画像編集画面の左下隅にある倍率選択で倍率を大きくして奇麗に囲まれているかどうかをチェック
・画像編集画面の左下隅にある点線の□(クィックマスクの切り替え)をクリックし、選択範囲以外の
 部分の色を赤で塗りつぶす方法でも、奇麗に囲まれているどうかがチェックできる。
・ツールボックスの中の「ブラシで描画」を選択し、クィックマスクの切り替えにより分かったはみ出し部分
 を塗りつぶすことが出来る(逆塗りは背景色に切り替えて行う)。
●宿題
ツールボックスの中の「電脳はさみ」を使って、「おかめ」の輪郭を選択する練習をしてくること。

                                       報告 高野
  
下記基本画像を使用して、勉強会を進めました。    
a0181449_18145658.jpg

                                       ブログ担当  奥村
[PR]
by kiheinokai | 2013-01-07 23:53 | 報告
line

楽しく学びあいましょう


by kiheinokai
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31